WiMAXを契約して携帯と家の通信費を7,000円節約出来ました!

私は今までネットは光が引けなくて、ADSLの契約で約4千円ほど払っていました。プラスでスマートフォンの7千円と合わせて月11,000円です。これが普通なものと思って毎月払っていました。

そんな時にネットで調べて出会ったのがWiMAXという会社のモバイルルーターで、これは下り最大110Mbpsと高速でLTEと何ら遜色ありませんでした。

ネットで申し込むと月々約3千円で契約できたので、スマートフォンを解約しソフトバンクのガラケーのホワイトプランに変更しました。

選んだ理由は月々約1,000円にもかかわらずソフトバンク同士の通話が21~1時の間以外は無料と好条件だったからです。

解約したスマートフォンはこのルーターでWiFi接続をしてネットやラインを今までと同じように利用し、電話をする時はライン電話や楽天でんわ等のアプリを利用することにより、格安でネット環境を揃えることが出来ました。無料通話がありませんが、あまり電話をかけない私には十分です。

注意しないといけないことは、ガラケー、スマートフォン、モバイルルーターの3つを持ち運ばなくてはいけず、カバンが少し重たくなります。

後は各々充電を気にしないといけないので、夜一つでも忘れてしまうと朝悲惨な結果になってしまいます。この状態を回避するためにモバイルバッテリーも持ち歩くことをおすすめします。

しかし家のネットの速度上がり月々の料金も約4,000円と今までの1/3と抑えられ値段に見合った結果ですので大変満足しています。

WiMAX

私のワイモバイル活用法

私のワイモバイル活用法について書きたいと思います。ワイモバイルを実際に使用して約1年ほどになります。契約したきっかけは、通信費の見直しをできないかと考えた事からでした。

家のインターネット通信費と外出時のスマートフォンの通信費があまりにも高く一本化するためにワイモバイルを契約しました。

ですので、私は自宅でのインターネット接続と外出時のスマートフォンを接続して利用しております。

実際にワイモバイルを使った感想としては、スマートフォンと自宅のパソコンでのネットサーフィンでしたら特に問題なく使用できます。

ただ動画を閲覧する方やヘビーユーザーの方には月7GBを超えると速度制限がかかってしまうため、ヘビーユーザーの方へはおすすめできません。実際に7GBを超えると普通のインターネットですら遅くて閲覧するのにイライラしてしまいます。

そして、ワイモバイルは2年契約になっており2年以内に解約すると違約金がかかってしまうため注意が必要です。

また、私の契約の場合は2年目以降は料金が変わって値上がりしてしまうので、2年経過時に再度見直しをしようと思います。

いろいろ書きましたが、外出時にスマートフォンとワイモバイルの二台持ちになってしまったり、速度制限などのデメリットもありますが、この点をクリアできる方は、通信費が節約でき、お勧めの使用方法だとおもいます。

また、契約時は各地域でワイモバイルの電波状況が違うので確認をしてからのご契約をお勧めします。

持ち運びができるのは良いですが、回線が不安定すぎるモバイルWiFi

昔はパソコンは机の上に置いて使うことしかありませんでしたが、技術の進歩とともに、パソコンが持ち運べるようになり、携帯電話でもネット接続が可能となり、タブレット端末が出来と、どんどん便利になっていきました。

ネットを接続するのにも、場所を選ばなくなりました。どこでもネットを接続して仕事もできるし、動画を楽しむことが出来ます。その一助をなしているのがモバイルWiFiルーターです。

普段、外でパソコンを使用する方、必然的に仕事上パソコンを持ち歩かなければならない方など、とても便利だと思います。どこでも、ネット環境を構築できることはとても大きなメリットです。

しかし、どうしても接続が不安定なことが多いです。スタートボタンを押しても接続できない、WiFiルーターを隣においていても接続できない、ということも多いです。

ネットサーフィンをしたいだけ、という方は良いかもしれませんが、仕事上パソコンを持ち歩く人は少なからず「すぐに仕事の内容を確認できるように」等、必要に迫られることが多いからパソコンを持ち歩いています。ましてやモバイルWiFiルーターを持ち歩くくらいの人は、すぐにネット環境が構築できるように自分でルーターを持ち歩いているはずです。

以前に比べ、ネット環境は場所を選ばずに構築できるようになり、格段に利便性は向上しました。しかし、もっとモバイルWiFiで「どこでもネット接続が出来ます」と謳う以上、更なる安定したネット環境を構築できるようにすることが課題だと思います。

日本でのWiFiレンタル体験談

私は今海外生活をしています。
日本の携帯電話は海外移住前に、月々200円払って番号を維持するか、解約するかの選択になりそんなにしょっちゅう帰国するわけではないので解約しました。

現在年に2度ほど日本に帰るようになりましたが、SIMフリーが一般的でない日本ではレンタルSIMもなかなかないのでWiFiのレンタルを利用しています。
借りるWiFiはWiMAXかイー・モバイルを利用しています。

直近の帰国時は(2月中旬です)イー・モバイルLTE GL06Pを利用しました。
2週間プランでのレンタルで約5000円でした。
朝から晩まで出かけていたので、携帯充電器を持ち歩いていました。
が連続使用12時間の商品なので携帯充電器の出番は少なかったのですが….
電波に関してはほぼ問題ありません。
急に切れたりする事もなく、ネット環境もサクサクでした。

ちなみに携帯の使用機種はスマートフォンでiPhone5SのSIMフリー板を使用しています。
使用用途は、メール、LINE、Viberなどの通話機能付きチャットアプリ、アプリゲーム、safariブラウザを使用したインターネットの検索等です。
電話番号がない状態なので電話はすべてLINEかViberの使用でしたが電波が悪いこともなく友人との待ち合わせもスムーズでした。

一点だけ改善されればなと思うのは地下鉄に乗っているときです。
今日本の携帯は地下鉄でも使用できるようなので、WiFiのルーターも電波を受信できるようになることを期待します。

WiMAX2の比較はどこをみるべき?

WiMAX2が登場してから3か月ほど経ちます。目ぼしい大手プロバイダーからはキャンペーンが出そろってきました。

WiMAX2のキャンペーンの特徴としてWiMAXと違って月額料金の差がないことです。WiMAXはキャンペーンによって月額料金が1,000円以上変わることもありましたが、WiMAX2ではあっても100円ぐらいです。各社とも月額料金で差別化を図るよりかはキャッシュバックやWiFi対応デバイスをメインにしています。

なので、キャッシュバックの金額の多少で決めるか、タブレットが欲しい人は自分が使いたいことにタブレットのスペックが十分にあるかどうかが重要になってきます。

タブレットの場合はあまり詳しくない人だとジャンク品を掴まされる可能性がありますので、聞いたことのないメーカーは避けた方が無難です。

ポイントは以上です。

WiMAX

モバイルWiFiルーターでいつでもどこでも

モバイルWiFiルーターの利点、それは言うまでもなくいつでもどこでもネットに繋げる事だ。
最近、仕事をするにもメールチェックは必須。ネットで調べなければならない事もしばしば。場合によってはクラウドにデータを常時アップしなければならない、なんて事もあるだろう。
仕事は多いが、出張も多い。移動時間が長いのでその間に一仕事できるのに。そんな時にWiFiルーターがどれほど役立つ事か。

かく言う私は一時、大変に出張が多い業種についていた。東海道新幹線をはじめ、首都圏では特急車両にもWiFiがつくようになってきたし、カフェ等でも用意してる所が多くなってきた。しかし、まだまだ設置されてない所も多く、初めてつなぐ際には色々と不具合が起こる事もある。単なるネットサーフィンであれば良いが仕事となるとあるかないかわからないものは到底あてには出来ない。しかし出先でも仕事をこなさなければどんどん溜まってしまう。

そんな時に大変に役に立ったのがモバイルWiFiルーター。これのおかげでいつでもどこでも仕事が可能になった。出張での移動時間も有効に使え、移動中に一仕事完了させられる事もあった。

また、いつでもメールチェックできるのは大きな利点。返信の早さは仕事上の信頼に繋がる。急ぎの用件などもWiFiルーターのおかげで何時でもチェックできるようになり、スムーズに進む仕事も多くなった。

WiFiルーターを手にして以来、すっかり手放せなくなっている。

複数の通信会社のサービスを利用する理由

3年前のクリスマスにiPod Touchを購入しました。

自宅時はワイヤレスでWiFiをルーターから飛ばしていますが、外出時は本体だけだとインターネットには接続できないのでイー・モバイルのPocket WiFiも一緒に購入しました。

SNSやメッセンジャーアプリを使って人とコミュニケーションを取ることが多くなったので、次第に携帯電話での通話をする機会が減りました。それから数ヶ月後に東日本大震災が起こりました。

ちょうどそのとき仕事でホテルにいたのですが、私の使っているau携帯は通話もメールも一切使えず携帯電話は使えないただの箱になってしまいました。

ところがイー・モバイルのPocket WiFiは普通に使えて、FacebookやmixiなどのSNSで家族と連絡を取り合ったり、Twitterで震災情報を集めたりすることもできました。

日常的にはあまり考えないことですが、災害時に連絡が取れなくなるというのはとても怖いということでした。この経験から学んだことは複数の通信サービスを利用することで、片方の会社の通信ができなくなった際にもう1つの会社の通信ラインでカバーすることができるということでした。

最近長年使ってきたau携帯が古くなってきたのでスマートフォンを店に見に行くことがありますが、通信料がPocket WiFiよりも高くて、なかなか機種変更の決心がつきません。

東日本大震災の余震もしばしば起きているようなので、安定した電波の確保のこともあり、しばらくはauとイーモバイルの併用を続けようと思っています。

モバイルWiFiルーターのメリットなどについて

世の中にはパソコンが普及し、どこの家にも必ず一つはあります。

今では、家などの室内だけでなく、出かけている途中にパソコンを使う人も珍しくはなくなりました。

そしてそれを可能にしているのが、モバイルWiFiルーターなのです。

モバイルWiFiルーターとは、インターネット接続先を備えたWiFiルーターのことであり、外出先でもパソコンやスマートフォンでインターネットの接続が可能になるものです。つまり、モバイルWiFiルーターがあれば、その辺にある公園や、お店の中でもインターネットに接続できるということです。

モバイルWiFiルーターにはいくつかのメリットが存在しています。

もちろん、外出先でインターネット接続が可能になるのも大きなメリットですが、それ以外には、複数の端末での同時接続が可能である点が挙げられます。
これは非常に便利なポイントです。

持ち運びも便利で、ポケットなどに入れておけば気になりません。

スマートフォンの契約にも縛られないのもいい点です。

つまり、モバイルWiFiルーターは、持ち運びも楽な上に、外出先でのインターネット接続を可能にし、さらに複数の端末で同時に接続が可能な非常に便利なアイテムなのです。

一度使ったら手放せなくなる人も多いでしょう。

今なら次世代のWiMAX2キャンペーンがおすすめですよ。

イー・モバイルはかなりオススメ。

海外に住んでおり、日本に帰国したときのインターネット接続の確保のため、帰国時はいつも、イー・モバイルのWiFiルーターをレンタルしています。これがとても便利です。

まず、持ち歩けるので、それを利用しながらインターネット電話で会話ができるため、日本に帰ってきてわざわざ携帯電話をレンタルする必要がなくなりました。さらに仕事のメールチェックなどでネットが必要なときは今迄はネットカフェに通っていましたが、自宅で難なく使用できるのがもう最高です。

それに結構な広範囲に電波を飛ばしてくれるので、自宅の3Fにルーターを置きっぱなしにしていても、1Fへも電波が届いています。家中のどこにいてもインターネットが不自由なく使えるのは、仕事でネットを利用する者としてはとてもありがたいことです。

ちなみに動画やネットゲームなども、まったく問題なく接続できます。よくyoutubeの動画などを見ますが、途中で画像が止まることなく、サクサクと見られますので、ストレスはまったくありません。ゲームもパズルゲームなど、途中で止まったりしてしまうと、かなりイライラするところですが、まったくそんなことはありません。

実は今居住している国でも、モバイルWiFiルーターを常用していますが、この接続が不安定で、接続状況がひどいので、日本のイー・モバイルサービスがもっと世界に普及してくれたらいいのに、と心から思います。

格安SIMカードでスマホを割安に使う

私は以前からスマホの維持費が高いのが気になっていました。キャリアはauで毎月割を適用しても、月に6000円近くの出費になっていました。そこで、何とか安く抑えようと調べて、格安SIMカードというのがあることを知りました。

その中でも「IIJmio」という会社のプランが魅力的でした。そのプランはドコモの電波を使っての通信をするものでしたので、それに対応した機種を探すことにしました。僕の中での条件として、以下を定めました。

  • テザリングが出来ること
  • サイズがコンパクトなこと
  • 端末自体でメールができ、WiFiのON/OFFができること
  • LTEは対応していなくてもよい

そこでさがし、条件にあったのが、イー・モバイルの「Pocket WiFi S S31HW」という機種でした。中古で5000円程度で手に入れました。サイズもよし、全ての条件をクリアし、しかもスピーカーは思いのほか大きな音が出て、ちょっとしたプレーヤー代わりにもなります。

欠点としては、やはり機種が古いせいか、メモリが極端に少ない。あまりアプリをインストールしすぎると、すぐに動かなくなります。そして、プリインストールアプリでいらない物が多すぎます。ただでさえメモリが狭いのに。そして、処理速度も遅いため、せっかく高速通信クーポンを使っても、遅いままです。

ですのでそういった時は、auのスマホにテザリングし使っております。Pocket WiFi自体ではメール程度しかしていません。それでも以前に比べ、携帯料金が2000円以上も安くなったので気に入っています。