WiMAXを契約して携帯と家の通信費を7,000円節約出来ました!

私は今までネットは光が引けなくて、ADSLの契約で約4千円ほど払っていました。プラスでスマートフォンの7千円と合わせて月11,000円です。これが普通なものと思って毎月払っていました。

そんな時にネットで調べて出会ったのがWiMAXという会社のモバイルルーターで、これは下り最大110Mbpsと高速でLTEと何ら遜色ありませんでした。

ネットで申し込むと月々約3千円で契約できたので、スマートフォンを解約しソフトバンクのガラケーのホワイトプランに変更しました。

選んだ理由は月々約1,000円にもかかわらずソフトバンク同士の通話が21~1時の間以外は無料と好条件だったからです。

解約したスマートフォンはこのルーターでWiFi接続をしてネットやラインを今までと同じように利用し、電話をする時はライン電話や楽天でんわ等のアプリを利用することにより、格安でネット環境を揃えることが出来ました。無料通話がありませんが、あまり電話をかけない私には十分です。

注意しないといけないことは、ガラケー、スマートフォン、モバイルルーターの3つを持ち運ばなくてはいけず、カバンが少し重たくなります。

後は各々充電を気にしないといけないので、夜一つでも忘れてしまうと朝悲惨な結果になってしまいます。この状態を回避するためにモバイルバッテリーも持ち歩くことをおすすめします。

しかし家のネットの速度上がり月々の料金も約4,000円と今までの1/3と抑えられ値段に見合った結果ですので大変満足しています。

WiMAX

日本でのWiFiレンタル体験談

私は今海外生活をしています。
日本の携帯電話は海外移住前に、月々200円払って番号を維持するか、解約するかの選択になりそんなにしょっちゅう帰国するわけではないので解約しました。

現在年に2度ほど日本に帰るようになりましたが、SIMフリーが一般的でない日本ではレンタルSIMもなかなかないのでWiFiのレンタルを利用しています。
借りるWiFiはWiMAXかイー・モバイルを利用しています。

直近の帰国時は(2月中旬です)イー・モバイルLTE GL06Pを利用しました。
2週間プランでのレンタルで約5000円でした。
朝から晩まで出かけていたので、携帯充電器を持ち歩いていました。
が連続使用12時間の商品なので携帯充電器の出番は少なかったのですが….
電波に関してはほぼ問題ありません。
急に切れたりする事もなく、ネット環境もサクサクでした。

ちなみに携帯の使用機種はスマートフォンでiPhone5SのSIMフリー板を使用しています。
使用用途は、メール、LINE、Viberなどの通話機能付きチャットアプリ、アプリゲーム、safariブラウザを使用したインターネットの検索等です。
電話番号がない状態なので電話はすべてLINEかViberの使用でしたが電波が悪いこともなく友人との待ち合わせもスムーズでした。

一点だけ改善されればなと思うのは地下鉄に乗っているときです。
今日本の携帯は地下鉄でも使用できるようなので、WiFiのルーターも電波を受信できるようになることを期待します。

WiMAX2の比較はどこをみるべき?

WiMAX2が登場してから3か月ほど経ちます。目ぼしい大手プロバイダーからはキャンペーンが出そろってきました。

WiMAX2のキャンペーンの特徴としてWiMAXと違って月額料金の差がないことです。WiMAXはキャンペーンによって月額料金が1,000円以上変わることもありましたが、WiMAX2ではあっても100円ぐらいです。各社とも月額料金で差別化を図るよりかはキャッシュバックやWiFi対応デバイスをメインにしています。

なので、キャッシュバックの金額の多少で決めるか、タブレットが欲しい人は自分が使いたいことにタブレットのスペックが十分にあるかどうかが重要になってきます。

タブレットの場合はあまり詳しくない人だとジャンク品を掴まされる可能性がありますので、聞いたことのないメーカーは避けた方が無難です。

ポイントは以上です。

WiMAX